自賠責基準

それでは、より詳しく人身事故被害にあってしまった場合の損害額請求についての基準の違いについて簡単に紹介します。最初に紹介するのは、自賠責基準における請求がどのようになっているのか、ということについてです。この自賠責保険という保険は、あくまでも最低限のみを保障することができる保険となっているのが特徴であり、それほど大きな保障を得ることができるものではない、ということについては知っておく必要があるでしょう。ここでこの自賠責保険の大きな特徴となっているのが、あくまでも「被害者」を保護するための保険であるということです。自賠責保険に、加害者の金銭的事情を保護するための機能というものはありません。

つまり、場合によっては加害者側の金銭的事情によって、被害者側にとって十分な保障が得られない可能性もある、ということについて十分注意しておかなければならないでしょう。基本的に自動車保険が任意保険であるかどうかということについては、加害者側の保険加入状況によって左右されるものであるため、被害者側から何とかできることではありません。しかし、この場合は基本的に損害賠償額が少なくなってしまうものということになるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket