Archive

弁護士基準

人身事故に対する示談交渉の基準として、最後に紹介するのは弁護士基準についてです。弁護士基準は弁護士をつけることによって請求金額の折衝をより有利にすすめる事ができるようにする、というものであり、重要なポイントとなるのが弁護士選びとなります。弁護士ならば誰でも良いというわけではなく、より親身に、より積極的に取り組んでくれるような弁護士を探して依頼することが必要となるでしょう。弁護士にはそれぞれ得意分野というものがあり、例えば金銭関係に強い弁護士もいれば、交通事故に強い弁護士もいます。交通事故や賠償請求を得意分野としているような弁護士を見つけて依頼することができれば、より効果的な弁護を期待することができるでしょう。

交通事故の損害賠償について弁護士を使用する場合、そうでない場合にくらべて倍以上の金額が請求額として得られる可能性もあります。その分、弁護士費用が発生する仕組みとはなっていますが、この部分については示談交渉の際に請求金額の一部に含めることができる、というのが特徴の1つとなっています。責任割合が明らかに相手の方が多い事故である場合、特に弁護士を入れて示談交渉を行なうことに意味があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket