Archive

人身事故と示談

運悪く交通事故に遭ってしまうということは、人生においてそれほど珍しいことではありません。死亡事故に至る程の大きな事故から、軽傷程度で済むような小さな事故まで含めると、数多くの交通事故が日夜発生しているため、自分だけがその被害に遭わないということは全く言えないでしょう。それでは、実際に交通事故にあってしまった場合、どのようなことについて考えなければならないのでしょうか。交通事故にあってしまった場合、考えなければならないことの1つとして、損害賠償の請求というものがあります。交通事故によって発生した損害を賠償請求するというものであり、その内容は多岐に分かれており、複雑な構造しているものである点が注意しなければならない点です。

ここで重要になるのは、人身事故の賠償額については、基本的に被害者と加害者との間での示談によって決定されることになる、ということです。つまり、被害者側から損害賠償を請求したとしても、それがそのまま加害者側に受け入れられるとは必ずしも限らないということです。この損害賠償額については、大きく三つの金額基準と言うものが存在しています。

まずは、自賠責基準とよばれるものです。これは自動車に乗る人が必ず加入していなければならない自賠責保険の基準です。次に任意保険基準と言うものです。任意で加入している交通事故保険の基準です。そして最後が弁護士基準とよばれるものです。弁護士によって請求が行われる場合の金額についてです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket