弁護士基準

人身事故に対する示談交渉の基準として、最後に紹介するのは弁護士基準についてです。弁護士基準は弁護士をつけることによって請求金額の折衝をより有利にすすめる事ができるようにする、というものであり、重要なポイントとなるのが弁護士選びとなります。弁護士ならば誰でも良いというわけではなく、より親身に、より積極的に取り組んでくれるような弁護士を探して依頼することが必要となるでしょう。弁護士にはそれぞれ得意分野というものがあり、例えば金銭関係に強い弁護士もいれば、交通事故に強い弁護士もいます。交通事故や賠償請求を得意分野としているような弁護士を見つけて依頼することができれば、より効果的な弁護を期待することができるでしょう。

交通事故の損害賠償について弁護士を使用する場合、そうでない場合にくらべて倍以上の金額が請求額として得られる可能性もあります。その分、弁護士費用が発生する仕組みとはなっていますが、この部分については示談交渉の際に請求金額の一部に含めることができる、というのが特徴の1つとなっています。責任割合が明らかに相手の方が多い事故である場合、特に弁護士を入れて示談交渉を行なうことに意味があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

任意保険基準

交通事故の示談による損害賠償額に関して、次に紹介するのは任意保険基準の場合についてです。この任意保険基準というのは、一口に言ってもその内容には大きな違いがあります。加入している任意保険の種類や、その内容によって当然保障される範囲に違いが存在しているためです。あくまでも小さな金額のみを保障するようになっている場合もあれば、大きな金額に至るまで保障を得ることができる場合もあります。また、自分が歩行者ではなく、自動車を運転している時に事故にあった場合については、自分の加入している任意保険の効果によって示談の補助を行ってもらうことができるでしょう。

任意保険に加入している場合に大きなポイントとなるのは、示談を行なう場合について、間に任意保険会社の人が入ってくれるようになるということです。自分自身で示談交渉を行なう必要がなくなるため、ある程度のことを任せることができるようになり、より効果的な基準でもって損害賠償請求を行なうことができるようになる、というのが強みであるといえるでしょう。そのため、そういった交渉力がどの程度であるのか、ということも任意保険を選ぶ際の重要なポイントの一つとなると考えておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自賠責基準

それでは、より詳しく人身事故被害にあってしまった場合の損害額請求についての基準の違いについて簡単に紹介します。最初に紹介するのは、自賠責基準における請求がどのようになっているのか、ということについてです。この自賠責保険という保険は、あくまでも最低限のみを保障することができる保険となっているのが特徴であり、それほど大きな保障を得ることができるものではない、ということについては知っておく必要があるでしょう。ここでこの自賠責保険の大きな特徴となっているのが、あくまでも「被害者」を保護するための保険であるということです。自賠責保険に、加害者の金銭的事情を保護するための機能というものはありません。

つまり、場合によっては加害者側の金銭的事情によって、被害者側にとって十分な保障が得られない可能性もある、ということについて十分注意しておかなければならないでしょう。基本的に自動車保険が任意保険であるかどうかということについては、加害者側の保険加入状況によって左右されるものであるため、被害者側から何とかできることではありません。しかし、この場合は基本的に損害賠償額が少なくなってしまうものということになるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

人身事故と示談

運悪く交通事故に遭ってしまうということは、人生においてそれほど珍しいことではありません。死亡事故に至る程の大きな事故から、軽傷程度で済むような小さな事故まで含めると、数多くの交通事故が日夜発生しているため、自分だけがその被害に遭わないということは全く言えないでしょう。それでは、実際に交通事故にあってしまった場合、どのようなことについて考えなければならないのでしょうか。交通事故にあってしまった場合、考えなければならないことの1つとして、損害賠償の請求というものがあります。交通事故によって発生した損害を賠償請求するというものであり、その内容は多岐に分かれており、複雑な構造しているものである点が注意しなければならない点です。

ここで重要になるのは、人身事故の賠償額については、基本的に被害者と加害者との間での示談によって決定されることになる、ということです。つまり、被害者側から損害賠償を請求したとしても、それがそのまま加害者側に受け入れられるとは必ずしも限らないということです。この損害賠償額については、大きく三つの金額基準と言うものが存在しています。

まずは、自賠責基準とよばれるものです。これは自動車に乗る人が必ず加入していなければならない自賠責保険の基準です。次に任意保険基準と言うものです。任意で加入している交通事故保険の基準です。そして最後が弁護士基準とよばれるものです。弁護士によって請求が行われる場合の金額についてです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket